toggle navigation
toggle navigation

Blog

トレーラーハウス製造の第一歩。

トレーラーハウス製造の第一歩。

はじめまして。

トレーラーシップの松下と申します。

ブログご拝読ありがとうございます!

今日からブログスタートいたします。

2023年9月。トレーラーハウスの車両の部分が届き、

製造の第一歩を踏み出しました。

天候は雨。

安全第一で作業を行いました。

まずは車両の軸組みからスタートです。

全行程大切ですが基礎にあたる部分ですので特に慎重に施行しています。プロに最終チェックしてもらってますが着工前にはもう一度確認します。

トレーラーハウスには様々なサイズのものがありますが

弊社は今回2種類のサイズのものを製造します。

幅は2種共に3.4m。長さは11mと7.5mの2種類。

国内ではまだ珍しい大きいサイズになります!

現在国内では2.5m幅のものの流通が多いのですが

快適な住まいには少し狭く感じるという声もお聞きしました。

そんな中で私たちは幅3.4mのサイズを選択しました。

この3.4m幅のトレーラーハウスは通常の【車両】扱いではなく

【特殊車両】という扱いになります。そのため【車検がない】ということが特徴です。

この日は一日中雨でしたが

大変多くの皆様方にご協力いただき、一日で大体が終わりました。

二日目はゴミ拾いや今後の打合せを行い、午前で終了しました。

二日目は晴天でした!

それでは本日はここまでで失礼します。

お読みいただきありがとうございました!

次回のブログは上物製造開始の様子をお届け予定!

この記事を書いた人:トレーラーシップ
トレーラーシップ

熊本県熊本市を拠点とするトレーラーハウス専門店です。「誠心誠意」を理念に、お客様目線でお客様想いのトレーラーハウスづくりを大切にしています。 その為、迅速で丁寧な対応・施工・アフターフォローに力を入れ、お問い合わせからアフターフォローまで自社スタッフが誠実に対応させていただきます。弊社は全国的にも数少ない車検不要型のトレーラーハウスをメインに取り扱っております。 その為、ご利用目的に合わせて、住居・店舗・飲食店・事務所・サウナ・グランピング・美容室…など様々な用途に対応可能です。車両扱いとなる為、条件を満たせば市街化調整区域でも設置可能。土地探しからもお任せいただけますので、土地、資金計画、ローン、運搬等、ご不安なことがありましたら、トレーラーシップにお任せください。地元熊本で生まれ、熊本で育った強みを活かし、熊本市、八代市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、宇城市、阿蘇市、合志市、大津町、菊陽町、南阿蘇村、御船町、嘉島町、益城町など熊本県内でトレーラーハウスに関心がある方からのご相談をお受けしています。

トレーラーシップについてはこちら